案内文 例文 結婚式

案内文 例文 結婚式 をご紹介します
案内文 例文 結婚式 は、当然 結婚式 のときの 案内文 例文 です。

おめでたい結婚式 の案内文 例文 ですから、決まりは守って書きましょう



基本的な書き方は一般の 案内文 例文 と変わることはありません。

お祝い事特有の 案内文 例文 のルールとしては次のようなものがある。

○終止符を打たないと言う意味で句読点を使わない。
○句読点を使うべきところはスペースにて代用する
○別れや終わり、繰り返しを連想させる言葉は使用しない


以上のことは大変重要で慣れていないとおかしてしまいがちな、
間違いです。



案内文 例文 結婚式 で招待状に記載すべきことについて概略します。


○内容:案内文・差出人氏名・返信の詳細・結婚式日時
○発送日:発送日の最後には『吉日』というのを付け加えることがポイント
○差出人:本人か両親名義で書くかで内容が異なるので応じて変更する








次に 案内文 例文 結婚式 の書き出しについてです

案内文 例文 結婚式 の場合でも一般の 手紙 の 書き方 と同じく、
時候・季節の挨拶 から入ります。


↓のような季語です。

1月→初春の侯・新春の侯・孟春の侯  候とみぎりは言い換え可能
2月→立春の候・早春の候・上春の候
3月→浅春の候・季春の候・春分の候
4月→春暖の候・陽春の候・仲春の候
5月→晩春の候・惜春の候・暮春の候
6月→青葉の候・深緑の候・入梅の候
7月→酷暑の候、盛夏の候、炎暑のみぎり、大暑の候
8月→晩夏の候、秋春の候、残暑の候、晩暑の候
9月→初秋の候、新秋の候、秋涼の候、秋色の候、爽秋の候
10月→仲秋の候、秋冷の候、清秋の候、紅葉の候、秋涼の候、錦秋の候
11月→晩秋の候、暮秋の候、向寒の候、錦秋の候、立冬の候
12月→初冬の候、師走の候、寒冷の候、歳晩の候、忙月の候



次に来る一番無難なものが
皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます』です


以下本文へと続きます。


必要なことを全て整形すると次のような 案内文 例文 結婚式 がオーソドックスに
使われるものとなります。


-------------------------------

拝啓 清秋の候 皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます

この度 私たちは結婚式を挙げることになりました
つきましては 末永くご懇情を賜りたく披露かたがた 祖宴を差し上げたく存じますので
ご多用中のところ誠に恐縮ではございますが
ご来臨くださいますようご案内申し上げます。

                      敬具
平成○年○月吉日





日時 平成○年○月○日(○曜日)
午後○時(開宴)・・・・・午前○時(終了)
場所 ○○○○

        差出人名前


ご出席のお返事は送らなくとも結構でございます
当日のご都合のよろしい場合のみご出席くださいませ


---------------------


1つの 案内文 例文 結婚式 として参考にしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。